川村雅則「地方自治体で働く非正規公務員の皆さんへ ウェブアンケート調査へのご協力のお願い」

みなさん、初めまして。

私は、地方自治体で働く非正規労働者の調査・研究をしている大学の教員です(こちらを)。

 

非正規労働者の雇用安定、処遇改善がわが国の重要課題になっています。

なかでも、公務職場における非正規職員は、法の狭間におかれた存在であって、民間の非正規労働者と比べても、雇用や処遇に関する制度面でより厳しい状況にあり、実効性ある対策が急がれます。

 

さて、新たな非正規公務員制度である「会計年度任用職員制度」が2020年度に地方自治体に導入されました。皆さんの雇われ方や働き方、職場の状況はよくなったでしょうか。

「改善された」という声が聞かれる一方で、雇用はより一層不安定になった、という声も聞かれます。皆さんの職場ではいかがでしょうか。安心して働き続けられる状況は実現したでしょうか。

 

以上を明らかにするウェブアンケート調査をこのたび始めます。ぜひご協力をよろしくお願いします。(2022年11月24日記)

 

■地方自治体で働く非正規公務員の皆さんへ

以下の調査へのご協力・ご回答をぜひよろしくお願いします。

12月28日(水)まで回答を受け付けております。

なお、調査タイトルは、私たちの活動範囲を意識して「北海道・道内市町村」と銘打っていますが、道外の自治体で働く非正規公務員の方でも回答はできます。ぜひご回答ください。

北海道・道内市町村で働く非正規公務員の雇用・労働、生活等に関する調査

https://forms.gle/t6ZN1w6ZBcPVqcmb8

 

■労働組合、とりわけ自治体労働組合の皆さんへ

周囲の非正規公務員の皆さんへ、この調査情報をお渡しください

お知り合いの非正規公務員の皆さんへ、この調査情報をお渡しください。

 

■報道機関の皆さんへ

ぜひ、この調査のことを広めてください。

 

■労働組合・自治体労働組合、自治体議員の皆さんへ

問題の解決には皆さんのお力が必要です。皆さんとの連携を望んでいます。

私も理事をつとめますNPO法人官製ワーキングプア研究会では、「会計年度任用職員に対する「3年目公募」の中止を通知してください」という声明を2022年10月末に発表し、総務大臣等に送りました。また、「首長の皆さん、議員の皆さんへのメッセージ」も9月に配信しました。

研究会にぜひご入会いただき、ご一緒に活動しませんか。お待ちしています。

 

 

Print Friendly, PDF & Email
>北海道労働情報NAVI

北海道労働情報NAVI

労働情報発信・交流を進めるプラットフォームづくりを始めました。

CTR IMG