田中綾「(書評)手塚マキと歌舞伎町ホスト75人著『ホスト万葉集』」

『北海道新聞』朝刊2020年9月6日付コラム「書棚から歌を」より転載。

 

田中綾 書評「手塚マキと歌舞伎町ホスト75人著『ホスト万葉集』」

 

姫帰りシャンパングラスを片付ける 祭り終わった朝霧の感じ

天翔

 

新宿歌舞伎町のホストたちによる『ホスト万葉集』が、話題となっている。

飲食店など十数軒を経営する手塚マキは、2017年に歌舞伎町初の書店をオープン。翌年、その書店で行った短歌イベントをきっかけに、毎月「ホスト歌会」を開催してきたという。

短く気の利いた言葉で客の心をとらえる職業柄、短歌は敷居が高いものではなかった。

 

売れるには顔よりもなお気持ちだね 死ぬ気でやっても死んだりしない

霖太郎

 

歌人の俵万智、野口あや子、小佐野彈から批評と添削を受け、『ホスト百人一首』をまとめる構想が出たころ、新型コロナウイルスの猛威が―。歌舞伎町は、いわゆる「夜の街」として報道され、本書の後半にも自粛期間の複雑な胸中の歌がある。

掲出歌の「姫」は、上得意客のこと。シャンパンボトルが並ぶ華やかなイメージの一方、働く現場そのものの歌も注目される。

 

飛んでいくやっと入った後輩も 熱く語るもまた飛んでいく    三継大貴

 

「飛ぶ」は、突然連絡が取れなくなること。ようやく後輩ができ、接客の心構えなどを教えこんでも、若者はふいに辞めてしまう。どの職場でも似たような悩みはあるだろう。

 

威張るなよホストが凄い訳じゃない 死ぬ気で稼ぐ女が凄い    青山礼満

 

巻末には、ホスト60人余りの写真付き。

 

◇今週の一冊 手塚マキと歌舞伎町ホスト75人著『ホスト万葉集』(短歌研究社・講談社、2020年)

 

(たなか・あや 北海学園大教授)

 

 

(田中綾のその他の記事)

田中綾「学生アルバイト短歌――「連勤」「休憩時間」という〈新しい歌語〉」

田中綾「松澤俊二著『プロレタリア短歌』」

田中綾「碓田のぼる著『一九三○年代『教労運動』とその歌人たち』」

>北海道における労働情報発信・交流プロジェクト

北海道における労働情報発信・交流プロジェクト

労働情報発信・交流を進めるプラットフォームづくりを始めました。

CTR IMG