本田宏
AUTHOR

本田宏北海学園大学教授(政治学)

政治過程論、社会運動論、比較政治学を専攻。研究テーマは、日本とヨーロッパの原発問題、社会運動・NGOと政治参加。近著に、『脱原発の比較政治学』(2014年4月)、『参加と交渉の政治学 ドイツが脱原発を決めるまで』(2017年7月)がある。趣味は映画鑑賞、犯罪小説を読むことで、おすすめの作品は、「午後8時の訪問者」(ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督)、「50年後のボクたちは」(ファティ・アキン監督)。

>北海道における労働情報発信・交流プロジェクト

北海道における労働情報発信・交流プロジェクト

労働情報発信・交流を進めるプラットフォームづくりを始めました。

CTR IMG